オプトアウトによる第三者提供の届出


改正個人情報保護法の施行(平成29年5月30日)に伴い、法第23条第2項に基づくオプトアウト手続により個人データを第三者提供しようとする者(現にオプトアウト手続を行っている者に加えて、新たにオプトアウト手続を行う予定の者を含みます。)は、オプトアウト手続を行っていること等を個人情報保護委員会へ届け出ることが必要となります。

これを踏まえ個人情報保護委員会は、平成29年3月1日から当該届出の事前受付を開始します。

オプトアウト手続の届出の主な対象者は、いわゆる名簿業者です。
 名簿業者以外の事業者が届出が必要となるかは個別の判断となりますが、本手続を行う必要がない場合もあります。詳しくは「オプトアウト手続の概要」をご覧ください。



オプトアウト届出手続の方法


届出書ファイル (EXCEL:5318KB) をダウンロードしてください。
(届出には上からダウンロードしたものを必ず利用してください。)

通信回線の関係上、上の届出書ファイルがダウンロードできない場合は、
こちらの届出書ファイル_ライト版 (EXCEL:394KB) をダウンロードしてください。

  ※届出書の記入については記入要領 (PDF:456KB) を参照ください。

届出書を記入したら、印刷のうえ、押印をしてください。また、届出書ファイルをCD-Rに保存してください。
②で用意した押印済の届出書とCD-Rを、まとめて郵送してください。
  ※届出書の受付は原則、郵送のみとさせていただきます。

届出書及びCD-Rの送付先は以下のとおりとなります。
【届出書送付先】
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート西館32階
個人情報保護委員会事務局 オプトアウト届出書受付 宛

※オプトアウト届出書の作成・提出について、ご不明な点があれば以下の連絡先までご相談ください。

個人情報保護法質問ダイヤル 電  話:03-6457-9849
受付時間:土日祝日及び年末年始を除く 9:30~17:30

  • 「届出書ファイル」の安全なダウンロードについて
  • 個人情報保護委員会ウェブページでは、SSL/TLS通信によって暗号化された安全なダウンロードにて届出書ファイルを提供します。

【Chrome、Firefox等をご使用の方へ】

Chrome、Firefox等を利用し、警告メッセージが表示された場合は、 政府認証基盤アプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書をインストールしてください。

インストール方法は、政府認証基盤(GPKI)ホームページの
「◆アプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書のインストール方法について
http://www.gpki.go.jp/apca2/index.html 別ウィンドウで開きます)」を
参照してください。