注意情報

パスワードの使い回しにご注意!(注意喚起)

平成30年10月2日
個人情報保護委員会事務局

複数のインターネットサービスで同じパスワードを使い回している場合、どこか一つのインターネットサービスが不正アクセスを受けて情報を漏えいさせてしてしまった際、その情報を使って他のインターネットサービスにも不正アクセスされ、個人情報を窃取されたり、金銭的な被害等を受ける危険があります。
   このような被害を回避するためにも、パスワードの使い回しは行わないようにしましょう。
   また、漏えいしてしまったパスワードなどの情報は、ダークウェブと呼ばれる闇サイト等で閲覧されたり、売買される可能性があります。悪意のある者はこのようなサイトからIDとパスワードを入手し、様々なインターネットサービスサイトへ攻撃を仕掛けるため、更なる被害が生じるおそれがあります。
   したがって、一度漏えいしてしまったパスワードは、将来に渡り使用しないようにしましょう。


複数のインターネットサービスで同じパスワードを使い回している場合、どこか一つのインターネットサービスが不正アクセスを受けて情報を漏えいさせてしてしまった際、その情報を使って他のインターネットサービスにも不正アクセスされ、個人情報を窃取されたり、金銭的な被害等を受ける流れのイメージ


画像出典:消費者庁イラスト集より