ウェブアクセシビリティ方針

個人情報保護委員会のウェブサイトは、高齢者や障害者を含む誰もが利用できるものとなるよう、日本工業規格JIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」(以下「JIS X 8341-3:2016」という。)のウェブコンテンツのアクセシビリティ(以下、「ウェブアクセシビリティ」という。)の確保の向上に、以下のとおり取り組んでいます。

対象範囲

個人情報保護委員会サイト(https://www.ppc.go.jp/)全体

目標とする適合レベルと対応度

JIS X 8341-3:2016のウェブアクセシビリティ達成等級AAに適合することを目標として取り組んでまいりましたが、下に記載したとおり、平成29年度に実施した調査において、達成できていない点があることを把握しております。

平成30年度末までに、目標の達成を目指して、引き続き取り組んでまいります。

例外事項

以下は修正対応が困難であるため、目標の対象外とします。

  • 修正用データが無い(修正できない)コンテンツまたはウェブページ、画像、および動画等
  • 外部から提供されたコンテンツまたはウェブページ、画像、および動画等
  • PDF(Portable Document Format)ファイル、表計算ソフトウェアで作成したデータファイル(例:Microsoft Excel)及び文書作成ソフトで作成したデータファイル(例:Microsoft Word)等は準拠に努め、問い合わせに応じ、電話等で内容を説明するよう努める。
  • その他、運用において修正が困難であるもの

ウェブアクセシビリティ検証結果

ウェブアクセシビリティ検証結果(平成30年2月13日~2月26日)

現時点で把握している問題点とその対応方針

平成29年度に実施した調査の結果、当委員会ウェブサイトに、主に以下の問題があることを確認しています。

アクセシビリティ方針策定後に作成するページについては、JISに基づいた対応を行うとともに、既に公開されているページについても順次修正に取組みます。

  • 画像の代替テキストを提供していない。(レベルA:1.1.1)
  • 掲載しているコンテンツで主に利用されている言語を明示していない。(レベルA:3.1.1)

また、今後も継続して定期的な検証、職員研修の実施等の取り組みを行い、当委員会ウェブサイトのウェブアクセシビリティの維持・向上に努めます。