アクセシブル動画

アクセシブル動画

  • 取扱注意!みんなの大切な個人情報(こじんじょうほう)(字幕・解説付き)

代替コンテンツ

タイトル:取扱注意!みんなの大切な個人情報

■あらすじ

サッカークラブに入ったはるとくんが、自分のことをみんなに知ってもらうために、さくらちゃんに頼んでインターネットにのせる写真を撮っている。そこへおさる博士が登場し、インターネットに写真や文章をのせるときに気を付けなければいけない、個人情報のことをふたりに教える。個人情報とは何か、個人情報がもれたときの危険を教わったふたりは、はるとくんの写真を撮りなおす。

1. ドラマ はるとくんの個人情報が危ない!

2. 解説ビデオ 個人情報とは?

3. ドラマ Q&A

4. 解説ビデオ 社会の中での個人情報の管理

5. ドラマ エンディング みんなで個人情報を大切に!



■内容

1. ドラマ はるとくんの個人情報が危ない!


{自宅前でリフティングの練習をしている、ユニフォーム姿のはるとくん。}

{はるとくんは初めてサッカークラブに入り、上機嫌。}

{手にはスマートフォンを持っている。}

{そこに通りかかる、仲良しのさくらちゃん。}


さくら:はるとくん。

はると:あっ、さくらちゃん、みてみて。ついにサッカークラブに入ったんだよ!

さくら:良かったね!はるとくん。

はると:ボクのかっこいい写真をインターネットにのせて、みんなにボクのことを知ってもらおうと思うんだ。
さくらちゃん、写真撮ってくれる?

さくら:いいけど、どこで撮る?

はると:ここでいいよ、かっこよく撮ってね!


{はるとくんの家の門の前で写真を撮るさくらちゃんと、ポーズをとる、はるとくん。}

{とれた写真を、二人でチェックする。}


さくら:こんな感じでいい?


{門の前でボールを持ってピースサインをする、はるとくんが写っている。}

{胸にチーム名の入ったユニフォームを着ている。}


はると:オッケー!バッチリだよ。じゃあ、これを投稿…。


{画面の投稿のボタンを押すと、おさる博士が画面に出てくる。}


おさる博士:ちょっと、待った~!


{顔を見合わせる はるとくんとさくらちゃん、画面から飛び出してくるおさる博士。}


はると:誰?

おさる博士:いいから、いいから!そんなことより、今はるとくん、何をしようとしていた?

はると:さくらちゃんが撮ってくれた、ボクの写真をインターネットにのせようとしたんだよ。

おさる博士:おっとー!それはまずいな。

さくら:何がダメなの?

おさる博士:その写真をよく見てごらん。


{はるとくんとさくらちゃん、写真をよく見る。}


はると:いい男じゃん!

さくら:(渋い顔をして)それほどでもないけどね

おさる博士:こらこら、見るのはそんなところじゃない!この写真には、はるとくんの大切な個人情報がたくさん含まれているよ。

さくら:個人情報って何?

おさる博士:名前や住所など、その人が誰かわかる情報のことさ。

はると:どこにそんなの書いてあるの?


{おさる博士が、スマートフォンの中に戻って、はるとくんの写真をチェックする。}


おさる博士:まず、はるとくんが着ているのは?

はると:サッカークラブのユニフォーム、かっこいいでしょ!

おさる博士:これで、はるとくんがKJサッカークラブに入っているのがわかるね。そしてボールには?


{はるとくんの持っているサッカーボールには、はるとくんの名前が書いてある。}


さくら:はるとくんの名前が書いてある!

おさる博士:そう、名前がわかっちゃうね。あと、ここに写っているのは?


{はるとくんが写真を撮った家の門には、住所と名字がバッチリ記されている。}


さくら:はるとくんのうちの住所だ!

おさる博士:そう、はるとくんがどこで住んでいるのかも、この写真でわかるということさ。

さくら:でも、どうして個人情報がわかる写真を、インターネットに載せちゃダメなの?

はると:そうだよ、ボクのことみんなに知ってほしいのに!

おさる博士:どうしてダメなのか、見ているみんなも考えてみよう!


「どうして個人情報がわかる写真をインターネットにのせてはいけないの?」


おさる博士:さて、わかったかな?

はると:ぜんぜん!

おさる博士:インターネットは、誰でも見られるよね。

はると:そうだよ、世界中に友だちを作りたいんだ!

おさる博士:でも、もしかすると、悪い人も見てるかもしれないよ。

さくら:どんな?

おさる博士:はるとくんのうちにいたずらしたり、いやがらせをする人がいるかも知れないよ。

さくら:こわーい。

おさる博士:まちぶせされて、悪い人に誘拐されちゃうかも。

はると、さくら:えー、そんなこわいことに!

おさる博士:他にも、どんなことに使われるかわからないんだ。だから、個人情報は、むやみに人に知られてはいけないんだよ!


{うなずく、はるとくんとさくらちゃん。}



2. 解説ビデオ 個人情報とは?

おさる博士:個人情報とは、名前や生年月日、住所など、その人が誰なのかわかる情報のこと。そして顔写真や、指紋をデータにしたものも個人情報だよ。個人情報は、名簿や連絡網、卒業アルバムなどにも記されているんだ!

おさる博士:個人情報を悪い人に渡さないためには、

・知らない人には、自分の名前、住所、学校名などをむやみに教えない

・お父さんやお母さん、友だちの個人情報も、むやみに教えない

・名簿のコピーや卒業アルバムは、知らない人にむやみに渡さない

・普段から、個人情報を知らない人に知られないように、注意する

おさる博士:みんな、約束だよ!



3. ドラマ Q&A


{はるとくんの家の中にいる、おさる博士、はるとくん、さくらちゃん。}


おさる博士:さて、個人情報のことはわかったかな?

はると、さくら:はーい。

おさる博士:じゃあ、本当にわかったかどうか、問題を出してみよう。これから見せる画像と文章には、個人情報が含まれているよ。どんな個人情報が含まれているか、考えてみよう。みんなも一緒に考えてみてね。

おさる博士:では第1問!


{学校と車が写った画像と文章。}

{文章を読み上げるおさる博士。}


おさる博士:「ボクは小6、12歳。個情(こじょう)小学校で勉強しているよ!さっき急に雨が降ってきたから、
お母さんが学校まで、車で迎えに来てくれたんだ。これから一緒にショッピングセンターで買い物して帰るけど、お母さんの買い物長いんだ!」

おさる博士:さあ、考えてみよう!

「どんな個人情報が含まれているかな?」

おさる博士:タイムアーップ!さあ、個人情報は何かな?

さくら:小学校の名前と、年齢。

はると:うちの車も、みんなに知られちゃう!

おさる博士:そうだね。あとは、はるとくんとママの行動も、みんなに知られてしまうんだ。悪い人に、おうちが留守だと、知らせているんだよ。

はると:うわー、ドロボーに入られちゃう!

おさる博士:では第2問!


{バーベキューの写真と文章。}

{文章を読み上げるおさる博士。}


おさる博士:「ボクのお母さんは個情社で働いているんだ。さっき、同じ会社の山田さんから電話があって、今度の日曜日、家族同士でバーベキューをやるんだって。山田さんちの赤ちゃんや、大きな犬とも会えるかな、楽しみだなあ!」

おさる博士:さあ、考えてみよう!

「どんな個人情報が含まれているかな?」

おさる博士:タイムアーップ!さあ、個人情報は何かな?

はると:ママの会社の名前!

さくら:電話の相手の名前や家族のことものせてるよ!

おさる博士:そういう、パパやママや友だちなど、自分以外の個人情報も、もれないように気を付けなければいけないよ。思わぬところで、他の人に迷惑をかけることがあるかもしれないよ!


{うなずく、はるとくんとさくらちゃん。}


おさる博士:では、第3問!今度は、スマートフォンなどに、知らない人からメールが来た時の話だよ。


{サッカーグラウンドの画像と文章。}

{文章を読み上げるおさる博士。}


おさる博士:「はじめまして!僕はインターネットを通じて、たくさんの友だちがいるよ。僕と友だちになってくれたら、誕生日にはみんなからお祝いされるよ。もし良かったら、キミの名前、電話番号、生年月日、住所も教えてよ。ぜひ友だちになろう!」

おさる博士:さあ、君たちはどうする?みんなも考えてみよう!

「こんなメールが来たらどうしよう?」

おさる博士:タイムアーップ!さあ、はるとくん、どうする?

はると:これは・・・教えちゃダメだよね。

おさる博士:正解!名前、電話番号、生年月日、住所、みーんな大事な個人情報だよ。メールの返信だけでなく、街で知らない人に聞かれた時も、決して教えてはいけないよ。

さくら:でも、大人に聞かれると、つい教えちゃいそう…。

おさる博士:個人情報は、1回教えてしまうと、たくさんの人に広がっていく可能性もあるんだよ。
知らない人から連絡が来たときは、まずはお父さんやお母さんに相談をするように。
あとでトラブルに巻き込まれないように、自分で勝手に判断をしないことが大切なんだ。

はると、さくら:はーい!



4. 解説ビデオ 社会の中での個人情報の管理

おさる博士:個人情報は、決められているルールをしっかり守ることが大事だよ。むやみに個人情報を広めてしまうと、恐ろしいことが起こってしまうかもしれない、ということはわかったかな。大人たちも、会社やお店で個人情報を使うために、しっかりとルールを守っているんだよ。

おさる博士:まず、会社やお店では、お客さんから名前や住所などの個人情報を聞いた時、それをどのように使うのか、ちゃんとお客さんに伝えてから、使っているんだ。次に、会社やお店では、お客さんのリストは、ちゃんと鍵のかかるところにしまったり、パソコンのデータにはパスワードを設定するなどして、リストが盗まれたりなくなったりしないように、管理をしているんだよ。

おさる博士:これらは君たちの大切な個人情報を、上手に使っていくために決められているルールなんだ。
これから個人情報を使うときは、気をつけるようにね!



5. ドラマ エンディング みんなで個人情報を大切に!


{公園のはるとくんとさくらちゃん。インターネットにのせる写真を撮り直している。}


はると:さくらちゃん、今度はどう?

さくら:どうかな、みてみて。


{スマートフォンの写真をチェックするふたり。}

{家の門の前ではなく、公園の芝生の上でピースサインをするはるとくんが写っている。チーム名が分からないように、ユニフォームの上にシャツを着ている。}


はると:これならむやみに個人情報を知らせていないし、ボクがさっきよりカッコよくなってる気がする!


{ふたり見守るおさる博士。}


おさる博士:はるとくんも、さくらちゃんも、個人情報の大切さがわかったようだね。みんなも、個人情報を取扱うときは気をつけてね!おうちの人とも話し合ってみよう!

制作・著作 個人情報保護委員会